手っ取り早く美人になるために試した方法
プロ診断系

パーソナルデザインがロマンスでパーソナルカラーはウィンター 診断結果詳細まとめ

自分探しが暴走。

てっとり早く美人になりたかった。垢抜けたかったんです。

パーソナルデザインとパーソナルカラーの診断結果

自分の見た目をパッとさせたくて、パーソナルデザインやら骨格診断やらを受けまくっていたことがあります。

見た目が変われば心持ちもかわるかな、と思って。

そして診断受ければてっとり早く変われると思ったんですよね。

パーソナルカラー・パーソナルデザインを知れば今までとは違うMAXな自分が引き出せるに違いない…!と思ってたんです。

そんな気持ちを抱えて受けた診断結果、を当時の気持ちのまま、まとめてみました。

わたしが受けた3つの診断サービスと結果は以下のとおり

  • パーソナルカラー
  • パーソナルデザイン&カラー、
  • 骨格診断4分割

【結果】

  • パーソナルカラー:ウィンター診断(3箇所とも)
  • パーソナルデザイン:ロマンス
  • 骨格診断4タイプ:Sタイプ

でした。

パーソナルデザインロマンスと4タイプ骨格診断Sタイプの共通項目

複数から言われたことを総合し、共通項目を探しました。これがわたしに似合うはずです。

  • タイトスカート
  • デコルテあけ必須
  • ウエストマーク必須
  • ハイヒール
  • 生地のたるみ
  • 体のラインをだすこと
  • 「可愛い」より「女っぽい」
  • てろてろで艶のある服(共通)
  • 甘さ重視(共通)
  • タイトスカート、スキニーまたはワイドパンツ
  • ヒール、ブーツは編み上げ。柄はぼんやり大きめ
  • ヒール必須、無地一択
  • カシュクール、蝶々、ハートの立体モチーフ
  • ウエストマーク必須
  • 髪はウェーブ、前髪は顔にかかってると良い
  • アクセサリーはでかめ、キラキラ
  • メイクはしっかり濃いめに

カワイイ・フェミニン、がとにかくNG。

25才をすぎたあたりから、レストローズ、レッセパッセがほんとに似合わなくなったんですが、その理由がわかりました。

行った診断サロンのカンタンな概要

  1. 青山のサロン(たぶん都内最安値のパーソナルカラー診断)
  2. 元吉祥寺(パーソナルデザイン・パーソナルカラー)
  3. 品川(骨格診断4タイプ)
  4. AKKOさん(パーソナル関係なし プロスタイリスト系)

PDロマンスタイプとして実際は?自分の感覚と感想

  • ハリシャツOK 襟立てもOK ただし生地のツヤが必須
  • 麻シャツ、てろシャツ(ブラウス)NG 安っぽさがでる。
  • スキニーは微妙 でもカジュアルするならスキニーデニム
  • ワイドパンツはOK
  • てろてろすぎるガウチョは微妙。シワになりやすいとNG
  • ボートネックは首部分のたるみ必須。
  • 首元のあきは広ければVでも丸首でもいいが、下に深いのはダメ
  • 靴は綺麗め、細め
  • スニーカー難しい
  • キラキラピアスOK ピアス・バレッタもキラキラがいい
  • ピアスはでかめがいい
  • 柄もでかめがいい
  • メイクは濃いめが映える。カジュアルな時は特にしっかりアイメイク
  • 立ち上げ前髪最強(長すぎはだめっぽい)

パーソナルデザインロマンス、パーソナルカラーウィンターとして絶対NG

  • 素材含めカジュアルに見えすぎること(洗いざらし綿とか麻とか細いボーダー)
  • アクセサリーをなんにもつけない
  • 緑、ブラウン、オレンジ
  • ノーメイク ナチュラルメイク
  • ツヤもきらめきもないメイク

判断が難しい色がベージュ。

透明感のあるベージュはいけますが、土っぽい感じのするベージュはほんとに土に見えるのでダメでした。

パーソナルカラーウィンターにとってベージュは試着必須の色です。

そしてカジュアルスタイルが難しいということもわかりました。

パーソナルデザインロマンスに似合うと勧められたけど着ない服

パーソナルデザインロマンスタイプに似合うとお買い物同行ですすめられた服はほぼ購入しています。

  • PD診断で勧められて今でも着ているものはゼロ
  • 骨格4タイプの品川サロンですすめられたものは割と褒められる
  • 山本あきこさんセレクトは着やすい、女子受け良くて万人受けだけどちょっと没個性

ただし、各サロンで教えてもらったことをじぶんなりに生かして買った服はずっと着ています。

そしてわたしの好みはシンプルで扱いやすい服

だから似合うと言われたものをじぶんなりに理解して、納得することが大事なんだなと思うんです。

パーソナルデザインの診断結果で性格も? ロマンスタイプの性格傾向

パーソナルデザインロマンスは女に嫌われるそうです。

当時年上の女性に職場でイジワルされてたのでそれをポロっと診断の時言ったんですよね。

そしたら「ロマンスはそうなのよ」って言われました。

じぶんでもロマンスタイプについてネットで調べてみたところ、おっとりしていてちょっとどんくさいのがロマンスのイメージのようです。

それはちょっと当たってないかな、と思いながらも女っぽくしようと努力していました。

パーソナルデザインの考察、もう少ししてみたいところです。

診断結果に納得するかよりも、結果をどう生かしてなりたいイメージに近づくか

似合うものを探すより、自分がどうなりたいかで服は考えたほうがいいと思うんです。その中で診断結果をいかして絶対NGな要素だけ押さえとく。

診断を受けて、たしかに服やメイクを選ぶ基準ができました。

客観的に見てもらって「女らしい服が似合う」というじぶんでも気づいたいなかった部分を教えてもらえたこともメリットです。

じぶんの特徴に気がつけたことは診断受けて本当に良かったと思います。

でもパーソナルデザイン、パーソナルカラーを知ったらすべてがうまくいく!なんてことはないんだな、と気がつきました。

むしろ診断結果を知ったことがスタートラインで、結果を生かしてなりたいじぶんをどう作り上げて行くかが醍醐味なんだと思います。

そして診断をいかすために必要なのはやっぱり肌。

確実に効果のある美容レーザー、脱毛のために一番安くできそうだった湘南美容へも行きました。

何を身につけるかももちろん大事ですが、その土台も整えておくべき。