手っ取り早く美人になるために試した方法
未分類

センスはお金で買えるよ?おしゃれスタンダードが学べる3冊読んでみて

小学校や中学校時代、あまり服の選択肢がなかったせいか、いつもじぶんがダサい気がしてたんです。

社会人になって自由にお金が使えるようになって一番お金をつかったのは服だとおもいます。

名古屋高島屋で買った雑誌に載ってるブランドの服を着てると、大人になったなあと思ったものです。

でもいつもダサいと思われたくないっていう気持ちがあって、そんな時つい本を買っちゃうんですよね。東京きてあんまり派手にお金を使えなくなったんだけど、本だけは買っちゃってたんです。

手元に残した着こなし勉強本を3冊、ご紹介します。

服を買うまえに、どんな服を買えばいいのかイメージ掴みたい場合は、雑誌じゃなくて本が本当にオススメです。

いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜかおしゃれに見える

タイトルが長い笑ですが、タイトルのとおりになりたかったんです。

この本を買うまえだったか後だったかに、有給とってAKKOさん(山本あきこさん)のファッションコンサルに行ってたので余計タメになりました。

この本の何がよかったって、プチプラブランドで買うアタリ商品がわかること。

  • GU
  • ZARA
  • H&M
  • ユニクロ
  • 無印良品

こういう誰もが行きやすいお店で買う、着まわしアイテムが紹介されてるんです。

で、定番アイテムって、

  • タンガリーシャツ
  • パーカー
  • コンバース
  • チェックシャツ
  • ペンシルスカート

こンな感じ。

でもこれをどう着まわすんだ??てなるとイマイチワンパターン。

ありふれてるアイテムなだけにどんなのを買っていいのか、そしてどう着こなしていいのかわからなくなるんです。

そのあたりが丁寧に説明されていたので、とても参考になりました。掲載されている服を実際に店舗に探しに行くっていう一人おしゃれクルーズできます。

ファストファッションは入れ替わりが早いので、本に掲載のものはもうなかったのもありました泣

ベーシックの着まわしイメージには“パリ流おしゃれアレンジ! ”

これは20代のころからずっと持ってるバイブルです。

この本読んで、グレーのVネックニット買いにZARAに行ったのはいい思い出。その時のVネックニット、まだ使えてるのでZARAも大したものです。

この本読んでから、

  • 試着はサイズ違いで試す
  • 後ろ姿をチェックする

を徹底するようになりました。オーバーサイズめが似合う服なのかぴったり着た方がいいのか、サイズで似合うものを探すっていう観点が全くなかったので「ほほーーー!!」でした。

それまで試着が苦手で、着たら買わないかん…という強迫観念に支配されていたのですが、やっぱり納得できるものを探すためには妥協せず試着することが大事なんだ…と痛感したおぼえがあります。

ユニクロとかZARAはサイズが多いので、いつも3サイズくらい持ち込んで着比べるようになりました。

30過ぎておしゃれ迷子になった時に2を追加購入。

あ、2もあったんだ!みたいな感じでAmazonで即ポチ。

パリ流の2冊読んでた影響で、デコルテがっつりあいたニットやカットソーばっかり買ってました。

この2冊は、流行に流されないベーシックな着こなしを教えてくれます。

一人でまずどうなりたいか考える大切さ

なぜ雑誌じゃないのか→今売ってる服がわかり過ぎて嫌になった

おしゃれになりたかったらファッション雑誌読めって良く言われてますよね。

流行りをチェックするにはいいんですけど、わたしにはちょっと問題があった。

人の着てる服が分かりすぎる

CanCanとかAnecan、CLASSYを良く読んでた時があったんですが、毎月読んでると今どのブランドでどんなのが出てるかわかるようになっちゃうんですよ。

電車やオフィスで「あ、J◯SGLITTYの今期のやつ」とかめっちゃ目につくようになるんです。OLなんで、とくにOL御用達ブランド。

わたしは人とかぶりたくない性格なので、あ雑誌の服ってバレる、とか、一緒の服になっちゃった!とか、絶対いやなんです。

ブランドってコンセプトをしっかり固めて作られてるので当然なんでしょうけど、着るとそのブランドに個性乗っ取られるんじゃないかってくらい特徴でちゃうんです。

あー、逆にそれは嫌だ、と思ったので雑誌はほどほどにしています。

家にいてもセンスはみがける!

色合わせとパンツのカタチが気に入らなくて買わなかったコーデ

ファッションって、実際買ってみて着て外に出て、他人から褒められてっていう繰り返しでセンスが良くなっていくって思ってたんです。

でも家が着回せない服で溢れるのも、バカの証明みたいでとても嫌。

結局じぶんは服も選べないんだ…無駄遣いばっかりしてる…ってガッカリする原因になっちゃうんです、わたしの場合。

だったら服買うまえに、すてきなスタイリング眺めてどうなりたいかを考える時間は必要だろう、と

それで雑誌や本を一人で読み込んで、それでたどり着いたのがシンプルを着回す、だったんです。

外に出るのはおっうだけど、見た目改革したい!!ていうときは、オススメのこの3冊読んでみてくださいね。